本文へスキップ

教員免許を取得できる通信制大学一覧!おすすめ・学費・最短・評判

トップページ教員免許を取得できる通信制大学 > 大阪芸術大学

大阪芸術大学(通信)

大阪芸術大学の通信教育部は、その前身である浪花外国語短期大学だった頃に設置されており、古い歴史を持ちます。

西日本の総合芸術大学の中では最大規模の大学であり、全米美術大学協会にも加盟しています。

多数の資格と教員免許取得が可能

大阪芸術大学の通信教育部では、非常に多くの資格取得を目指すことが可能となっています。

美術大学だと、中学校や高等学校の美術教師の免許状というのが一般的です。

しかし、この大学ではそれに加えて、国語・音楽・工芸といった教員免許状を取得することが出来ます。

それだけではなく、教師を目指すのであれば、小学校などの初等教育のものも可能です。

多くの選択肢から選ぶことが出来るので、大学で学びながらじっくり選びたいという人でも安心して選ぶことが出来ます。

あるいは、何をしたいのかはっきりイメージが出来ている人にとっては、自分の選びたい進路の免許と出会える学校でもあります。

選択の幅があるので、自分の目指したい教員免許状が何かをしっかり決めておくのが良いでしょう。

大阪芸術大学の学習方法

大阪芸術大学で単位を取得するためには、スクーリングや自宅学習を行って勉強を進める形になります。

自宅学習では、レポートや作品提出を行って、評価をしてもらう形式です。

もちろん、試験による評価もあります。

教員免許は美術学科や音楽学科によって工芸や音楽系の免許を取得できるほか、文芸学科では国語の教員免許を取得することも出来ます。

芸術大学なので芸術系の科目しか取れないといったことはありません。

また、大阪近辺で暮らしている方であれば、学内の施設を使用することが出来るというのも助かる点と言えるでしょう。

学内には劇場やアートホールも存在し、美術を学ぶための機会は非常にたくさん用意されています。

また、幅広い経験が出来るため、モチベーションを維持する意味もあると言えるでしょう。

総合芸術大学の難しさ

大阪芸術大学は西日本で最大規模の総合芸術大学であり、それにふさわしく様々な設備や学習の機会があります。

自由の精神を重んじ、創造性を奨励する一方で、国際的な視野も育てていこうというグローバルな視点を持った大学なのです。

この大学では、芸術を通じて学校の現場で生徒を育てることが出来る教員の養成を目指しています。

芸術教育では、創造性やコミュニケーション能力を養うことが出来るでしょう。

ここで得られる様々な経験は、教育を行う立場になった時に役に立つはずです。