本文へスキップ

教員免許状を取得できる通信制大学一覧!おすすめ・学費・最短・資料請求!

トップページ教員免許に関するコラム > 教員採用試験について

教員採用試験について

教員採用試験はどのように行われるのでしょうか。応募から採用までの大まかな流れをみてみましょう。


公立学校の採用試験の流れ

公立学校の教員になるためには、教員免許状を取得または取得見込みの人が、各自治体の教育委員会が実施する教員採用選考試験に合格しなければいけません。

実施時期や試験の内容などは自治体によって異なりますが、およそ次のような流れで行われるのが一般的です。

3月〜4月に来年度の教員の募集要項が公開されます。5月〜6月に試験の願書を受け付けます。7月に第1次試験が実施されます。

第1次試験で主に、筆記試験で一般教養や教員に必要な知識があるかどうかを試すために人文、社会、自然科学などの教養問題、教育関係の法律、教育心理、教育原理などの問題が出題されます。

また専門教科に関して、必要な知識や技能が身についているかも試されます。面接が行われる場合は個人面接のほかに集団面接や集団討論などが行われることもあります。

8月に第2次試験が実施されます。第2次試験では筆記試験として小論文、面接試験は個人面接や集団面接、模擬授業などです。

さらに体育や英会話、音楽、美術などでは実技試験が行われます。また適性検査によって、教師にふさわしい人物であるかどうかも評価されます。

10月に合格者の発表があり、合格者は採用が内定します。 上記はあくまでも一般的な流れです。出願受付時期などは自治体によって異なります。受験する自治体の募集要項を確認しましょう。

養護教諭採用試験の倍率はコチラ


私立学校の採用試験の流れ

私立学校も、学校ごとに試験の実施時期や試験内容が異なります。一般的な採用試験の流れは次のようなものです。

適性検査を実施している自治体の場合は、5月〜6月に募集要項が公開されます。説明会を実施する自治体もあります。

6月〜7月に願書を提出し、8月に適性検査が行われます。適性検査は主に、専門教科の知識についてと、教職に必要な教養が身についているかを調べるものです。公立教員の第1時試験と同じ役割を持ちます。

適性検査の成績は、自治体にある私立学校が閲覧できるように、名簿に「公立第一次合格」など記載されます。私立学校が教員を採用する際の目安になりますから、受験することをおすすめします。


私立学校を受験するその他の方法

適性検査を実施されていない自治体では、学校からの推薦を受けて受験する、学校に送られてきた求人票に応募する、インターネットのホームページなどの求人広告に応募する、電話や手紙などで直接学校に連絡し、採用してくれるよう交渉するなどの方法があります。