本文へスキップ

教員免許状を取得できる通信制大学一覧!おすすめ・学費・最短・資料請求!

トップページ教員免許に関するコラム > 臨時的任用教員とはどのような教員のこと?

臨時的任用教員とはどのような教員のこと?

臨時的任用教員」を知っていますか。残念ながら採用試験に通らなかった人が登録をし、欠員が出た場合には審査などを経て採用されます。では、臨時的任用教員について詳しく見ていきましょう。

臨時的任用教員とは?

教員免許を取得しても、教員採用試験に合格しなければ教師になることはできません。しかも、その採用試験はかなりの倍率です。

「今年は採用されなかったけど、来年こそは必ず!」と採用試験浪人をしている人が世の中にはたくさんいますよね。

その年に採用されなかった場合は、「臨時的任用教員」として都道府県に登録することができます。

臨時的任用教員というのは、産休や病気療養などで欠員が出た場合の補充の先生です。

また、正規の先生の都合で欠員が出たとき以外にも、生徒が増えたためにクラスを増設するなど、教員不足を補うために臨時的任用教員を採用するケースもあるようです。

新興住宅地が近くにできた場合などは可能性がありそうですね。

勤務条件や待遇

臨時的任用教員には「臨時」とつきますが、その待遇や労働条件などはどうなっているのでしょうか。

実は臨時的任用教員は、正規採用教員とほとんど変わらない条件で勤務します。つまり、普通の先生とほぼ同じ勤務条件や待遇です。

「臨時的任用教員」という名称ではありますが、その仕事は担任をもったり、部活動の顧問になったり、他の教員たちと同じように生徒指導をします。

給与や勤務時間も正規採用の教員と同じですし、有給休暇ももらえます。

ただし、臨時的任用教員が産休をとったり病気で休むことは難しく、採用されても辞めるしかないというのが今の現状のようです。

また、浪人をして教員採用試験を目指している人は、臨時的任用教員として採用されると勉強の時間がとれなくなってしまいます。

しかし、教育現場の実情を知ったり、経験を積めるという点ではメリットとなる部分も大きいでしょう。

常勤講師と非常勤講師

臨時的任用教員は、正規雇用の教員ではなく「講師」に分類されます。

非正規雇用の教員である講師には「常勤講師」と「非常勤講師」がありますが、臨時的任用教員は「常勤講師」にあたります。

常勤講師は正規雇用の先生たちと同じ待遇であり、一般職地方公務員となります。公務員なので、塾でアルバイトをするなどの副業は禁止されています。

では、「非常勤講師」はどういった教員を指すかというと、自分の教える教科の授業だけを担当する教員です。

学校運営や生徒指導などに関わる必要はなく、授業が終われば帰宅できます。給与は基本的に時給で支払われます。