本文へスキップ

教員免許状を取得できる通信制大学一覧!おすすめ・学費・最短・資料請求!

トップページ教員免許に関するコラム > 通信制大学に偏差値はあるの?

通信制大学に偏差値はあるの?

中学校や高校の教員免許をとるために通信制の大学に入学することを検討している人は多いと思います。そこで、知っているようで知らない通信制大学のことについて探っていきたいと思います。

通信制大学に偏差値はあるの?

一般的な大学受験の場合、志望校を決めるのに大切な指標となるのは偏差値ですよね。「憧れの大学はあるけれど、偏差値が高くて手が届かない…」という話はよく聞きます。では、通信制大学の場合はどうなのでしょうか。

実は、通信制の大学に偏差値はありません。書類選考のみ、または書類選考と面接で審査され、不合格になることは少ないようです。書類選考では志望理由書の提出程度の学校が多いですが、中には小論文を提出しなければいけない大学もあります。入学を検討するときは、それぞれの大学の入学選考について事前に調べておいたほうがいいですね。

このように、通信制大学には入学試験というものがありません。学力によって合否を決めるわけではないので、各学校に偏差値というものは存在しないのです。

偏差値がなくてもランクはある?

通信制大学に偏差値はありません。では、ランクや難易度のようなものはあるのでしょうか。何か指標のようなもので比べるとなると、卒業率になると思います。

卒業率の高い大学は「単位が取りやすい」「続けやすい」と言えますし、逆に卒業率の低い通信制大学は「単位をとるのが難しい」「挫折する人が多い」ということになります。

偏差値はありませんが、一般的に「偏差値の高い大学の通信教育課程は、卒業するのが難しい」と言われています。通学課程の偏差値が高めの大学ほど、テキストの難易度は高めですし、提出するレポートにも高い完成度が求められるようです。そのため、必要な単位をとることが難しくなって、卒業率も低くなるということなんですね。

何を基準に選べばいいの?

これから大学に入るとなると、偏差値や知名度、評判などが気になるものですよね。それは通信課程でも通学課程でも変わりのないことだと思います。ですが、一番重要なのは「自分が大学に入る目的は何なのか?」というところだと思います。

教員免許をとるために通信制大学に入学するのであれば、どんな単位が必要なのか、スクーリングに通うことが可能かどうか、といった必須条件から学校を選んでいきましょう。

「教員になる」という目的をかなえるための基準や条件をクリアすることが、学校選びの最優先事項になるはずです。複数の大学が候補に上がったら、パンフレットなどで情報収集をしたり、評判や口コミなどをチェックしてみましょう。