本文へスキップ

教員免許状を取得できる通信制大学一覧!おすすめ・学費・最短・資料請求!

トップページ教員免許に関するコラム > 初めて教員免許を取得する場合

初めて教員免許状を取得する場合

4年制大学を卒業したけれど、教員課程を履修しなかったので教員免許状がない場合、通信制大学で必要な単位を履修すれば教員免許状が取得できます。(初めて教員免許取得)


通信大学に入学する

4年制大学、短期大学、高等学校を卒業している人は、教員課程を通信教育で行っている大学に入学します。高等学校卒業の場合は1年からの入学になりますが、4年制大学卒業者や短期大学卒業者は、2年や3年に編入することが可能です。

一種免許状を取得する場合、専門教科について学ぶ科目や教職に関して学ぶ科目などを67単位以上取得しなければいけません。


すべてが自宅で勉強できるわけではない

通信教育は基本的に、自宅で勉強します。自由な時間に勉強できますから、仕事が終わって帰宅してから勉強するなど、仕事や家事を両立させながら、自分のペースで勉強できるのが最大のメリットです。また、書類選考だけで、入学試験がないケースがほとんどなので、入学しやすいのも特徴です。

しかし、教員になるためには、夏期休暇などに行われるスクーリングに出席しなければならない大学がほとんどです。会社などに務めている人は、スクーリング期間は有給休暇を取らなければいけません。スクリーングがあるけれど、会社の繁忙期なので出席できないなどの事態に陥らないように、その大学のスクーリング期間を事前に確認しておきましょう。

また、教育実習や介護体験も必要ですから、その期間も会社を休まなければいけません。このように大学に出掛けて学ぶことがありますから、通信教育だからといって、遠方の大学を選ぶのはおすすめできません。


大学で教員課程を履修したものの、不足科目がある場合

大学で教員課程を取っていたけれど、必要なすべての科目を終了できずに卒業してしまった場合、不足している科目だけを履修すれば教員免許状が取得できます。この場合、卒業した大学に学力に関する証明証を請求し、どの科目が不足しているのかを調べます。そのうえで不足している科目を選択して修了すれば卒業時に教員免許状が得られます。

不足科目を調べるときは、確認漏れなどがないように十分に注意して慎重に検討してください。 確認時に特に注意したいのが「一般的包括的内容を含む科目」の履修状況です。教員免許状は単に、必要な単位数を修得しただけでは取得できません。

科目ごとに、単位履修に含めなければならない科目が決められています。必ず取得しなければならない科目を取得していないと免許が授与されないので注意しましょう。